D.C. Biker Gangs ~ワシントンDCの自転車族

DCのジェフォソンメモリアルを歩いていると、音楽が聞こえてきた。何かと思えば、自転車レースの一行で、その自転車がまたライティングされていて派手なこと。電気スケートボードに乗った人も、交じっていたりして、みんな暴走こそしてはいなかったが、ものすごい参加者の数だった。今回かぎりのフラッシュ・モブかと思って、数分の間、道のわきで通り過ぎるのを見ていると、参加者のひとりが「これはファイト・クラブみたいなものだよ」と教えてくれた。

Posted in Uncategorized

Alligator Gar ~ アリゲーターガ―

アリゲーターガーは、アメリカの南部の州に生息している。1万年前の姿をいまだに持つ原始淡水魚だ。かつては体長が3mもあったらしいが、今では画像のように小さい。乱獲と生息地の破壊によって、その数も減っている。(ワシントンDCの埠頭にある魚市場にて)

Posted in Uncategorized

国立肖像画美術館

仕事でワシントンDCに滞在した。おかしなタウンだ。観光地でありながら、国立肖像画美術館以外の美術館は、みんな5時半に閉まってしまう。幸い、駆け込んだ国立肖像画美術館は、これまで行った美術館の中でもトップクラスに入るものだった。

また、画像の屋内の中庭は、美しかった。中央の池のように見えるところには、花崗岩の床に薄いシートのように水が張られているだけ。その上を歩いても、靴の底が濡れるぐらいの薄さだ。ランの展示も行われていて、大理石に囲まれた花壇には、美しい花々が並んでいた。

国立肖像画美術館(Natioal Portrait Gallery)は、入園無料。午後7時までやっている。

 

Lafayette Square ~ ラファイエット・スクエア

ラファイエット・スクエアは、ワシントンDCのホワイトハウスの右前にある。大小にかかわらず、頻繁にデモが行われる。ゴミを拾って歩いていたおじいさんが持っていたボードには、「クリーンで正直な政府.com」なんて書いてあった。

2ドルの詩はいかがですか?

この人、ワシントンDCの街頭で自作の詩を2ドルで売っていた。本人いわく、詩人、作家、正教師、説教者。さて、どんな詩を書く人でしょうか? 英語のサイトではありますが、興味のある人はこちらの彼のサイトへどうぞ。