1228 バルティモア通り

.今は高級アパートとなっているこの建物は、ゴシックリバイバルと呼ばれる建築様式で建てられていて、外観がとても美しい。もともとは1926年に、カンザスシティー・クラブの本拠地として建てられた。

Posted in Uncategorized

Inside Out, Part 2 ~ 内が外側になる日 Part 2

リリック・シアター、カンザスシティーのダウンタウン 。

写真家に付き合うと、汚らしい場所にカメラを構えて待っている横で、いっしょにじっとしていなければいけない時がある。「いったい、これのどこがいいのかしら?」と、しびれを切らしながら疑問に思うことがよくある。

けれど、写真家は嬉しそうに言う。

写真というのは、光がすべてなんだ。物は、光を変えるだけだ。見てごらん、前の建物の窓ガラスに当たった夕日の光が、この古い劇場の外壁に反射して、日が沈むにつれて、階段を上っていくように見えるだろう。

Posted in Uncategorized

Inside Out ~ 内が外側になる日

画像の取り壊しが行われている建物は、元はリリック・シアターと呼ばれた。カンザスシティーのダウンタウンにある。

最初は1929年にアララット寺院としてスタートし、当時で1億円以上のお金が建設に使われたが、1936年に6000万円以上の負債をかかえて抵当流れとなり、その後は赤十字の献血センターやテレビ局として使用されてきた。

カンザスシティーのダウンタウンには、こうして家主を転々と変えてきた古い建物がたくさんある。

Posted in Uncategorized

Shinbashi, Tokyo ~ 東京、新橋

新橋は、となりの銀座よりも、庶民にとってはずっと親しみやすい町で、レストランや飲み屋の値段も、サラリーマンの味方。夕方は、「ちょっと一杯!」といったサラリーマンやOLの姿があちこちに見られる。画像は、いつもとはちがう週末の静かな新橋の夜の姿。人がひとり、ガードレールによりかかっている。

写真集「EARTH WATER WIND EMPTINESS ~ 地水火風空」by William Ash より

Black & White

都市は、光とともに姿を変える。上の写真は、二つの画像を横並びにしたもので、左は晴れた日に日陰となっているビル街、右が日向のビル街。

Posted in Uncategorized

シティーライフ Part 2

Click on the image for a larger view.