フロリダの風景~ マイアミ  

©William Ash

Downtown Miami, Florida. Click on the image for a larger view.

Palm Road 2~ ヤシの木の道 2

©William Ash

furor

ヤシの木の森というものを、フロリダにきて初めて見た。カラフルだったメイン州の森になれた目には、光だけがまぶしい。でも、よくよく目をこらして周りを見てみると、池からワニが顔をだしているし、小道を小さなトカゲが走り回る。アルマジロがのっそりと道路わきをゆく。ハゲタカが空を舞う。芝生には、日本中が警戒している火アリが、こぞって巣をつくる。そんなところで、みな平気で肌をさらして、バーベキューをしている……。

Black Point in Merritt Island Wildlife Refuge, Florida. Click on the image for a larger view.

Cactus ~ サボテン

©William Ash アリゾナのサボテン

 

サボテンを見ていると

サボテンがしゃべるということが

当たり前のことのように思える

どうしてだろう?

 

 

Retention Ponds ~ 滞水池

©William Ash

フロリダは巨大な砂州からできているので、掘ればすぐに水が出てくる。大雨が降れば、大地が雨水を吸収できなくなって洪水を起こしかねないので、道路や分譲住宅地を作るときには、雨水をためる滞水池(画像中央)もまわりにつくる。

フロリダの自然の湖はみな浅いが、滞水池の深さは、13~15mもある。写真中央のように、帯水池を掘っている最中にすでに水がたまってしまうため、近くに一時的に別の池(画像の左上)をつくって、そこにたまった水をポンプで吐き出しながら滞水池を作る。

そして、こうした滞水池に、ちゃっかりとワニがやってきて泳いでいたりする。
だから、フロリダにはたくさんの池や湖あるのに、泳げない……。

 

Posted in Uncategorized