ニューファンドランド犬のHikari ~ 12 Years

©︎William Ash

ニューファンドランド犬の Hikari は、12歳になった。平均寿命が7〜10歳の犬種にしては、健闘している。父親も11歳まで生きたらしいから、家系かもしれない。

我が家の最初のニューファンドランド犬である Kai が、骨肉腫で7歳で他界してしまったので、Hikari が8歳になった時は嬉しかった。

彼女には数年前からリューマチがあり、足腰が弱っているが、galliprant という薬のおかげで、今でも散歩ができる。

近所の公園がお気に入りで、芝生にこうして座って、テニスをする人や他の犬を見る。子供たちにも、なでてもらえる。私も一緒にお日様を浴びているせいか、キャビンフィーバーが軽い。お日様とお犬様のお力は、ホント、偉大なり。

ワシントンDCの風景 ~ Saturday, Part 2

©︎William Ash

雪は午後には降り止んだけれど、気温がどんどん下がって、夜には氷点下まで落ちた。日曜日の朝、窓の外の木蓮を見てみれば、紫色だった蕾は、茶色に変わっていた。昨年、この木蓮は美しい花をつけて咲き誇り、ゴージャスそのものだった(様子はこちら)う〜ん、今年はどうなるだろうか?

ワシントンDCの風景 ~ National Archives

©︎William Ash

国立公文書記録管理局ビル( National Archive Building, Washington. DC)。政府の書類と歴史的価値のある資料を保存する公文書館は、全米に33か所あり、ここが本館。ナショナルモールにある。Click on the image for a larger view.

ワシントンDCの風景 ~ ハーシュホーン美術館

©︎William Ash

ハーシュホーン美術館(Hirshhorn Museum)は、ワシントンDCでも最も好奇心をそそる現代アートの美術館で、人気が高い。ともかく、建物や中の構造がユニークだ。

私は、現代アート嫌いだ。ただ単に奇抜なだけ。

でも、夫に「ローリー・アンダーソンの個展をやっている。面白いと思うから行こう」と言われて出かけた。

さて、その結果は…..、続く