ワシントンDCの春 ~ すみれ

ソープストーンバリー(Soapstone Valley)の林床には、今、たくさんの野花が咲いている。メイン州で、食べられる野草に凝った。今、DCの森を歩きながら、懐かしい花々をまた目にして、「この花も葉も、食べられるんだよね」などと思いながら歩いた。やっぱり森は楽しい。下には小さな野花たち、上には鳥のさえずりがある。

ワシントンDCの春 ~ Soapstone Valley

昨日はいいお天気だったので、二人でソープストーンバリーを散策した。メイン州を去ってから、ほぼ4年ぶりの春のハイキング。鳥のさえずりが響く黄緑色のトレイルには、みごとに野花が咲き乱れていた。メイン州の家の森の林床そのものだった。

また、四国遍路道を歩いていた時の自分が突然、蘇った。30代の頃の自分が、ヘトヘトになりながらも、いかに満たされた気持ちであの道を歩いていたのかが、今になってよくわかった。春の四国の自然は美しかった。

こうした自然との思い出は、年をとるにつれて静かで懐かしい幸福感を与えてくれる。知らない間に増えていた貯金のよう。経験というものは、それがよかったかどうかなんて、後になってからしかわからないことが多い。けれど今日は、ふと蘇ってきた過去の自分に、今の自分が微笑みながらよりそうような経験をした。この森には、精霊でもいるのかな?

ワシントンDCの自然 ~ Anti-gravity

Soapstone Valley National Park, Washington, DC. ©William Ash

 

先日、アパートの外に出てみれば、春の香りがした。メイン州で感じた、あの春の大地の目覚めの臭いだ。中西部のミズーリ州のカンザスシティでは、全く感じなかったのに、大都会のDCで感じるとはびっくりした。

やはり、近くのソープストーン・バリー・国立公園の恩恵だろう。

自然があれば、残してあげれば、野鳥のさえずりも春には聞ける。今朝は、カーディナルが鳴いていた。もうすぐ木々が一斉に芽吹いてくる。楽しみでならない。 Continue reading

ワシントンDCの暮らし ~ Soapstone Valley, Part 1

まるでメイン州で撮影したような写真だが、実は、ワシントンDC内で撮ったもの。政治の中心地であるDCには、すばらしいことに、7 ㎢(1854 acres)の自然豊かなロック・クリーク国立公園(Rock Creek National Park)がある。写真は、その一部のソープストーン・バリー公園( Soapstone Valley Park)で撮影したもの。この小川はDC内を流れ、やがてポトマックリバーに注ぎこむ。