ワシントンDCの風景 ~ Sunday on the Mall

©William Ash

日曜日のナショナルモールには、かなりの人が来ていた。そして、近くの埠頭のレストランも、大賑わい。みんな待ちきれなかったのだろう。もちろん、そのつけもまわってきているようで、全米でコロナの感染者数が下がっていく中、DCを含めたおよそ10州の感染者数は、上がってきているらしい。

ワシントンDCの風景 ~ Cherry Blossom Art Hunt

©William Ash

桜の季節に入ってから、DC にアート作品が置かれているのに気が付いた。二人ぐらい座れる桜の花びらをした椅子に、アーティストがデザイン画を描いたもので、ピンク色のものはすべて ナショナルモールの Enid  A. Haupt Garden に置かれている。黒いものは、 Van Ness にある DC大学の外。

ピンクの椅子を見たときは、うれしくなって、普段なら絶対にこんなことはしないのに、片っ端から座って写真を夫にとってもらった。が、なぜか黒い椅子は、その気になれなかった。アーティストの自由な心の躍動にケチをつけるつもりはないけれど、「桜の花なんですけど。。。」と言いたい。

これらは ART IN BLOOM と呼ばれるイベントの一環で、25人のアーティストによる26もの桜の花型の椅子が、DCとメリーランド州、バージニア州に置かれている。全部を見てまわる Blossom Hunt をしてはいかがでしょうか?

Posted in Uncategorized

ワシントンDCの風景 ~ 1968–2021

©William Ash

この店は、コロナの影響でもうすぐ閉店する。張り紙には、地元の人の店主への感謝の言葉などが書かれている。1968年から続いてきた店だった。このお店はレストランではないが、アメリカでは5件のうち1件のレストランが、コロナによって廃業に追い込まれている。

Posted in Uncategorized

ワシントンDCの風景 ~ 宝くじとワイン:犬も歓迎

©William Ash

アメリカでは、宝くじ (lottery) をついでに売っている店が多い。コンビニだったり、酒屋さんだったりするが、ここも酒屋さん (Wine and Beer)。うれしいことに、犬も、お店に入れる。我が家の犬もそうだが、犬はお店に入ると、どこか誇らしげな顔をする。Click on the image for a larger view.

ワシントンDCの自然 ~ Anti-gravity

Soapstone Valley National Park, Washington, DC. ©William Ash

 

先日、アパートの外に出てみれば、春の香りがした。メイン州で感じた、あの春の大地の目覚めの臭いだ。中西部のミズーリ州のカンザスシティでは、全く感じなかったのに、大都会のDCで感じるとはびっくりした。

やはり、近くのソープストーン・バリー・国立公園の恩恵だろう。

自然があれば、残してあげれば、野鳥のさえずりも春には聞ける。今朝は、カーディナルが鳴いていた。もうすぐ木々が一斉に芽吹いてくる。楽しみでならない。 Continue reading

ワシントンDCの風景 ~ ミャンマー支援のデモ

週末の3月6日にホワイトハウス近くのファラガット・スクエアで、ミャンマーへの支援を求めるデモに遭遇した。ミャンマーの軍に対して圧力をかけるように、バイデン大統領に行動を求めていた。パトカーや白バイが護衛をしていて、静かなデモだった。

デモに参加した人たちの気持ちを考えると、同情を禁じ得ない。母国の平和と安定が、国外にいる者にとってもどれほどありがたいことなのか、あの東北大震災によって思い知った。