マナドノック山 ~マナドノック地方より

new_england_mt_monadnock

©William Ash

世界でもっとも登山客が多い山は、日本の富士山。その次は、ニューハンプシャー州の南にある「マナドノック山」(Mt. Monadnock)がくることが多く、世界で2番、3番という人気を誇っているらしい。もちろん、北アメリカで最も登山客の多い山のひとつに頻繁に選ばれている。

標高は 965mしかないが、まわりに高い山がないので、多くの人を引きつけるのかもしれない。それに、ともかく頂からの眺めが素晴らしい! 遠くの地平線まで延々となだらかに続く美しい森を見たとき、逆に日本が山国であることを実感した。

山のまわりの地域は、山からとってマナドノック地方と呼ばれている。ここに住んだ経験があるが、森のなかに市町村があり、みんな文明的な普通の生活をしてる。私の田舎ぐらしに対するイメージを一新してくれたのも、このマナドノック地方だった。

ブログランキングに参加中です。下の二つのボタンをポチっと、クリックしていただけたら、とても嬉しいです。本日もご訪問、どうもありがとうございました。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ