ネコをブログに載せれば、大当たりまちがいなし‥

life_in_maine_cat_blog…でも、我が家にはネコがいな〜い。したがって、我が家のニューファンランド犬の「ひかり」を載せるのだぁ〜。ただ今、5歳で、50キロの女の子。

メイン州は、白人の割合が全米1位。全人口の96%も占める。黒人、アジア人をほとんどみないし、時折、ジロっと特別な視線を感じることがある。ところが、ひかりをつれて歩くと、「クマだ〜、テディベアだ!」と老若男女がニコニコしてよってきて、質問ぜめにあう。

お店の外に立っていると、店員が出てきて「もう我慢できなくて、出てきちゃった。なぜてもいい? 抱きついてもいい? 寒くない? ぜひ、ワンちゃんといっしょに、中に入って! 」なんて言われることもある。犬一匹で、親しい人間が表れる。次元が、変わるといえばいいのか。やっぱりどこでも、DOG は GOD なのだ。

よろしければ‥

ひかりも前のカイ(Kai)も、「That Newfoundland Place」というニューファンドランド犬専門のレスキューセンター(非営利団体)から私たちのもとへきました。センターのキャシーさんとご主人は、他に仕事をもちながらも、レスキューして30年以上のベテランです。

ものすごく犬思いで、虐待されている犬をみると、粘りに粘って残酷な飼い主から犬を救い出します。また、それだけに真剣に犬の預け先も選び、書類審査だけでなく、家も見にきてチェックします。本当に、ニューファンランド犬を愛している人たちです。最近は、一般の家庭では介護ができなくなった老犬や病気の犬のホスピスもするようになりました。できるときでかまいませんので、上のサイト名をときどきクリックして、余裕があるときには、ぜひPaypalで寄付のほうをよろしくお願いいたします。

ちなみに、カイの場合は体重が80キロ近くあり、前の飼い主が世話ができなくてレスキューに自ら連れてきました。ひかりの場合は、前の飼い主がなぜか餌を与えず、体重が34キロと餓死寸前まで落ちている状態をみたキャシーさんが強行に救い出して、センターで介護をして正常な体重にもどしました。ひかりがニューファンランド犬のわりには超小型なのは、子犬のときの貧しい栄養状態に問題があったのだと思います。(今では太りすぎて、理想の50キロ前後をたもつのにダイエット中‥。)

ニューファンドランド犬のレスキュー等に興味のある方は、どうぞこちらの That Newfoundland Place を見てみてくださいね。センターのサイトの右上の Adoptions のところの Hapy Tails をクリックすると、最近になってレスキューされた犬とその新しい家族の幸せそうな写真がたくさんのっています。

ブログランキングに参加中です。下の二つのボタンをポチっと、クリックしていただけたら、とても嬉しいです。本日もご訪問、どうもありがとうございました。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ