さくらは外、さくらは内?

japan_hase_dera

奈良の長谷寺 ©William Ash

日本人が、桜に夢中になるのはなぜだろう? はかない桜の花の命だと言う人もいるかもしれないが、桜が「美」なる気持を、簡単に心の中に呼び起こしてくれるからであることにはまちがいない。

どうして美を感じられると、人は嬉しいのだろう? 桜だけでなく、人間は美しい型やフォームに、中毒ともいえるこだわりや感心をもっている。なぜだろう?

どうやら、これには理由があるようだ。

人間は美について、ものが所有するある種の性質のように語るけれど、実のところ、「美」はそれを見る人の中にある。それなら、「美は単なる個人的な意見だ」と言いたくなるかもしれないが、もっと複雑だ。

なぜなら、美が、見る人の中に「だけ」存在するからだ。

つまり人間は、内で美を創造するように創られているということ。ここで言う創造とは、外にはないのに、内で「美しい!」と感じることによって、自らの中に美を創造するように創られているということだ。これは、すごいことじゃないだろうか! 美を見たり、美を体験したりすることは、人間という種が進化した生物であることの証なのだ。

Eric Kandel 氏は、有名な著書「The Age of Insight」の中でこんなことを言っている。
「画像を見て感じた美は、肯定的な感情だけでなく、愛のような、美的なものへの中毒のような感情をも呼び起こす。」

う〜ん、人間がこの世を愛するようになるのは、美あってこそのようだ。日本人が桜を愛するのも、桜によって心のなかで美が生まれるように。

森であれ、一輪の花であれ、香りであれ、犬であれ、家族であれ、友だちであれ、音楽であれ……「自分の中で美となって創造されるもの」がまわりにある環境、そんな精神的な余裕のある環境は、人間にとってはとても大切なことなのかもしれない。それがあってこそ、地球を、自然を、人を愛おしむ思いを、自らの中に感じられるようになるのかもしれない。

だから、ネイティブアメリカンのワンパノーアグ族は、
「さようなら」のかわりに「ウーニッシュ」と言ったのだろう。
つまり、
“Walk in Beauty”  「美の中を歩いてください」

さくら、さくら

japan_sakura

©William Ash

2月に厳寒に咲く梅の花の高貴さにうたれ、3月に桃の花の愛らしさにほのぼのとし、やっとたどりつく桜の花。その華やかさに冬を忘れ、春になって踊りたくなるのも無理はない。でも、メイン州では春雨が小雪に変わる4月。やっとクロッカスが咲いた今。(写真の桜は、堺市の大仙公園ももの)

日本の思い出 ~ お花見

japan_hanami_1

©William Ash  クリックして拡大してご覧ください

この時期、日本のブログをみると桜三昧で、日本中が桜の花で埋まっているかのようだ。メイン州では、やっと雪が消えたばかり。桜の樹も一度しかみたことがない。写真は、大阪の公園で10年以上も前に撮影したもので、お花見の人で木々の下はいっぱいだった。メインの家の窓ガラスから見た外の景色が、こんな感じであったなら‥‥。桜を愛でる人の心よ、桜は散っても、いつまでも幸え給え。

 

「日本の思い出~桜の花より生まれし人々へ」

 

桜の花のした

家族連れが 学生が 子供が 恋人たちが

歩いてはとまり 歩いてはとまり

まるで 稚児のようだ

 

ホームレスの人たちが

段ボールの家からでてきて 頭をつきあわせ

みんなで将棋をしている

 

鳥の声が 犬の吠える声が

カラオケの音が 手拍子の音がする

 

赤ん坊に 花を指さす母親がいて

その下で昼寝をしているおじさんがいる

 

コンビニの弁当を片手に 中学生たちがあつまって

地べたで笑い転げ

老人ホームの団体が 車いすを馬のようにのりこなし

バーベキューをしている

 

なんという所だろう

この人たちは どこからきたのだろう?

春は

得体のしれない空間を浮かばせる

それは 桜の花にはじまり おわる

 

鳥が 惜しげもなくついばむ花びらが

砂時計の砂のように

ひざを並べ 鮮やかな弁当に

箸をのばす人々に 落ちていく

 

あー 日本人よ こうして

つかの間の生を祝いながら

ともにのぼっていこう

 

DNAの螺旋を

スルスルとのぼりつめ

桜の花のもとに集まろう

小さな座布団をも分ちあうことを知っている人々には

すわっても なおすわりきれない玉座が そこにある

 

さあ 日本人よ のぼっていこう

 

この世のものも

あの世のものも

夜桜の下で 星をながめよう

愛でる心にすべてをゆずり、お腹一杯になった人々には

かなたの輝きも またなんて 親しいものに見えるだろう

(©Naomi Otsubo 2014)

 

(注)この詩のオリジナル版の英訳が「Translation:Bates International Poetry Festival 2011」に納められています。詳しくは、こちらをクリックしてください。

.写真を楽しんでいただけましたら、ぜひ にほんブログ村 写真ブログへをクリックしてください。二つの写真ブログランキングに参加中で、クリックにより、ランクが上がるしくみになっています。本日も、ご訪問ありがとうございました。